山梨県南アルプス市にて、体験型フリースクール「みんなのおうち」を運営しています!

気付きとは傷付くこと。

私の経験上想うこと。

それは、

ノウハウや方法論をどんなに学んだとしても

人生は決して変わらない。

人生を変えるにはただ一つ。

自ら気付くことです。

人は自ら気付かない限り、

決して変わることは出来ないのでしょう。

それでは

気付きとは何か?

気付くとは

どういうことでしょうか?

私は想います。

気付きとは傷付くこと。

人は傷付いた時に

気付きを得ているのです。

例えば

本を読んだり、

セミナーに参加したり、

人と会って話をしたり。

そんな時、

自らを省みて

大きく傷付くことがあります。

自らの至らなさを

痛感させられることがあります。

それが気付きなのです。

そのような時に

私達は気付きを得ているのです。

その気付きを、

胸に突き刺さった傷を、

やけ酒して忘れるのか。

ふて寝して逃げるのか。

それとも

明日からの人生に活かすのか。

そこが

大きな分岐点となるのでしょう。

実際に

私がそうでした。

知れば知るほど傷付いてばかり。

至らない自分を痛感するばかり。

けれども、

そんな自分と真摯に向き合って

改善を続けていくうちに

少しずつ人生が変わっていったのです。

私達は日々、

傷付いています。

駄目な自分を

痛感させられます。

しかし、

その時に気付いているのです。

その気付きを

人生に活かしていくこと。

その気付きによって

自分を改善していくこと。

それこそが

学ぶということなのでしょう。

これからも大いに

傷付き気付きながら、

学び続ける人生でありたいと想います。

人生は全てを感謝して受け入れる

修行の旅なのだから。

今日も豊かな心で、豊かな一日を。

中西紀二

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。