山梨県南アルプス市にて、体験型フリースクール「みんなのおうち」を運営しています!

明るい居場所

不登校というと

ネガティブな印象があるものです。

実際に、

不登校で苦しんでいるお子さんや

その親御さんは少なくありませんし、

まだまだ「学校には行くのが当たり前」という

風潮がある中では、あくまでも少数派。

どうしてもネガティブになってしまうのは

否めないところでしょう。

しかし、

私は不登校を

全くネガティブには捉えていません。

不登校という事象自体は

問題ではないと想っているからです。

問題なのは、

不登校になった子供達が

自分を責め、

自己否定に苛まれて

自信を失ってしまうこと。

そして、

暴言や家庭内暴力などの

問題行動にまで発展してしまうことです。

また、

子供の不登校について

周囲の大人達(特に両親)の意見が食い違い、

家庭内の雰囲気が悪くなって

その事が更に子供を追い詰めてしまうこと。

学校に行かない、

行けないことが問題ではなくて

学校以外に選択肢がない故に、

不登校に対する理解が進まず

子供達が苦しんでいることが

問題だと想うのです。

現に、

不登校が大変な問題となっている家庭と

全く問題になっていない家庭とがあります。

不登校となったお子さんが

フリースクールなど安心して過ごせる

居場所を見つけて、

少しずつ心が癒されている場合には

問題行動も落ち着いてきますし、

両親をはじめ周囲の大人達も

フリースクール等に来ている

他の親御さんとの交流を通じて

不登校に対する理解が進んでくると、

家庭内の調和も取れるようになってきて

次第に不登校は問題でなくなってきます。

逆に、

不登校となったお子さんが

安心して過ごせる居場所を

見つけることが出来ず、

問題行動がエスカレートする場合には

不登校は深刻な問題となってしまいます。

すなわち、

不登校が問題なのではなく

不登校に対する制度の未整備が

問題なのではないでしょうか。

学校以外の選択肢として

フリースクールなど安心して過ごせる

居場所が整備され、周知されて、

もっと利用しやすくなれば

不登校は問題とならないはずです。

ですから、

不登校となった子供達は

何も悪くはないのです。

自分を責める必要もないし、

劣等感に苛まれる必要もない。

学校に行かないという

選択をしただけなのだから。

そんな傷付き苦しんできた子供達を

明るく迎えてあげたい。

不登校は全く問題でないということを

体感してほしい。

その意味で、

体験型フリースクール「みんなのおうち」は

笑い声の絶えない、徹底的に明るい

フリースクールでありたいと想っています。

これまで深刻に悩んできたことが

馬鹿らしく想えるくらい

明るい居場所を創りたいと想っています。

そこには

楽しそうに生きている大人がいて、

一切否定されることなく

自分を受け入れてもらえる。

学校に行けない自分は

駄目だと想っていたけれど、

学校に行けない経験をしていても

こんなに楽しく生きている大人がいる。

そうやって少しずつ、

自分を許し

自分を受け入れて

自己肯定感を育んであげたい。

ネガティブだった感情や

マイナスになりがちな思考も

全て笑って吹き飛ばしてしまえばいい。

体験型フリースクール「みんなのおうち」は

そんな明るい居場所です。

笑い声の絶えない楽しい居場所です。

傷付いた心が癒され、

心身共に元気になれる居場所です。

傷付き苦しんでいるお子さんと

その親御さんが

笑顔になれる居場所がここにあります。

どうか

必要とされている方に届きますように。

今日も豊かな心で、豊かな一日を。

中西紀二

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。