山梨県南アルプス市にて、体験型フリースクール「みんなのおうち」を運営しています!

心の距離

次男の不登校をきっかけに

妻と子供達が山梨へ移住したのは

2019年4月のこと。

以来、福岡と山梨を行き来する

私の逆単身赴任生活が始まりました。

ほぼ半日を要する福岡~山梨間の移動。

当初は慣れなくて

移動するだけで疲れていましたが、

この逆単身赴任生活で大きな収穫がありました。

それは、

家族との心の距離が一気に近づいたことです。

以前は毎日顔を合わせて

一緒にいることが当たり前だった妻と子供達。

こうして離れてみて、

その存在の大きさを痛感させられたのです。

私がいかに家族に支えられ、

家族が心の糧となっていたのか。

それを思い知らされました。

山梨から福岡に戻る際の、

家族との別れは辛くて辛くて堪りません。

そんな生活をしているうちに

私の心境にはある変化が起こってきました。

家族で過ごす時間は今しかない。

だったら今を思い切り楽しみたいし、

大事なことは今伝えなければならない。

かつては家族に対して

言葉で表現することへの照れや、

父親としての見栄やプライドといった

心の壁のようなものが邪魔して、

うまく自分の想いを

伝えられずにいたのですが、

家族と離れて暮らすことで

家族の有難みを痛感させられ、

私の心の中にあった壁は

次第に崩壊していったのです。

そして私は、

家族に対して素の心で接することが

出来るようになりました。

照れやプライド、見栄といった

余計なものを取っ払って、

自分の想いをきちんとした

言葉で伝えることが

出来るようになったのです。

結果、

私達家族の心の距離は一気に近づき、

家族の心が一つになることが出来ました。

物理的に離れたことで、

返って

心の距離は近づいたのですね。

その意味で

この修行のような日々は

実に意味深い期間となりました。

ありふれた時間が

愛おしく想えたら

それは「愛の仕業」と小さく笑った。。

どこかで聴いたことのあるフレーズが

身に沁みる今日この頃。

逆単身赴任生活も残り僅かとなる予定です。

今日も豊かな心で、豊かな一日を。

中西紀二

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。