山梨県南アルプス市にて、体験型フリースクール「みんなのおうち」を運営しています!

人生のバイオリズム

あれからちょうど2年が経ちました。

まさか2年後、

このようになっているとは

当時の私達には

想像すら出来ないことでした。

2019年4月22日。

私達家族が

福岡から山梨へ移住してきた日です。

あまりにも長くなった

次男の不登校。

あらゆる手を尽くしても

改善の兆しは見えず、

学校に行けない自分を責めては

荒れ狂う毎日が続いていました。

そんな彼が可哀そうで、

環境を変えてあげようと

縁も所縁もない

山梨の地に越して来たのでした。

もちろん当時は

誰一人として知人もなく、

右も左も分からない状態。

全てが手探りでのスタートでした。

これからこの地で

どのような生活が待っているのか、

当時は全くの白紙同然だったのです。

それが今となっては

沢山の方々に助けられながら

フリースクールを運営するように

なっている。

つい2年前までは

その存在すら知らなかった方々と

ご縁を頂き、

つい2年前までは

地名すら知らなかった場所で

事業を営んでいる。

そう考えると、

人生って本当に不思議ですね。

自分の意思だけでは

決して辿り着くことが

出来なかった場所に来て、

それを実感しています。

この2年は

目まぐるしい変化が続きました。

何度も

大きな決断を迫られました。

そんな中で、

気が付いたことがあります。

それは、

人生に委ねてみると

想像以上の展開が拓けるということ。

人生には

決して抗うことの出来ない

流れというかバイオリズムがあって、

それに委ねること。

思い切って一切を委ねることが

人生が拓ける秘訣なのではないでしょうか。

その流れは、

自分の意思に反するものや

不本意な場合もあることでしょう。

しかし、

それを自らの意思で

ジャッジすることなく、

好き嫌いで判断することなく、

一切を委ねてみる。

それは

他力本願ではないし、

無気力ということでもありません。

委ねるとは

信じることです。

抗うことの出来ない

人生の流れやバイオリズムを信じて、

それと向き合い

そこで最善を尽くすことです。

決してジャッジすることなく、

選り好みすることなく、

全ては必要な要素であると

信じて委ねる。

そこで今出来るベストを尽くす。

良いことも悪いことも、

望むことも望まないことも。

きっと全ては

意味のある出来事なのだから。

これから先の人生で

どんな展開が待っているのか?

2年後にはどうなっているのか?

皆目見当もつきませんが、

人生のバイオリズムに抗うことなく

信じて委ね続けるつもりです!

今日も豊かな心で、豊かな一日を。

中西紀二

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。